そもそもED治療薬って何のための薬?

そもそもED治療薬って何のための薬?

ED治療薬は「中折れ」や「硬くならない」男性のために、勃起のサポートをするお薬です。
PDE5阻害薬と呼ばれていて、海綿体に多く存在する酵素です。
平滑筋を緩ませ情報伝達にかかわる物質cGMPを分解する働きをします。
分解すると射精後に男性器が元に戻る状態のため、勃起するときにPDE5はあまり必要ありません。
EDの場合PDE5が活発になりすぎてしまい、勃起しない症状がでます。
ED治療薬を使いPDE5の邪魔を阻止して、血行を促進していき正常に勃起できるようにします。

勃起不全は、ストレスや生活習慣などがかかわっているのです。
精神的原因で起こる可能性があるので、ストレスがなくなればEDも改善する場合も。
放っておくと悪化してしまう恐れがあるので、ED治療薬を服用するのがベストな方法です。

ED治療薬は勃起できる状態を作るだけなので、完治させるわけではありません。
血行促進を目的とした作用のため、体内の血流コンディションをよくして勃起します。
セックスがうまくいくようになれば、精神的不安も減りEDの原因を改善していくのにつながります。

「治らないなら飲んでも意味がない」と、思う方もいるかもしれません。
飲んでも治らないわけでなく、個人差があり長く付き合っていく可能性もあるからです。
勃起できる状態を身体に記憶させておくことはとても大事。
ED治療薬を服用して元気なムスコを取り戻せば、男としての自信もつきます。

24時間以上空ければ毎日服用しても大丈夫なので、はじめは自分のペースで続けてみてください。
EDの症状がよくなれば薬の量を調節するのも可能です。
勃起不全は治らない病気ではありません。
根本的な原因をED治療薬で改善して、ポジティブに取り組んでいきましょう。