20代でもEDになるってホント?

20代でもEDになるってホント?

ED(勃起不全)と言えば、年をとってから悩む病気のイメージがある方が多いのではないでしょうか。

デリケートな問題のため、自分からEDであることを打ち明ける若者がいないこともあり若者のEDはあまり聞かないですよね。

しかし実は、20代の14.6%・30代の13.5%がEDであるという結果が出ているほど結構な割合でEDの若者は存在しています。

高齢になってから発症しやすいEDもあれば、若年層でも十分なる可能性のあるEDもあるのです。

そんなEDは、大きく分けて「器質性ED」「心因性ED」「薬剤性ED」の3種類に分けられます。

20代には心因性EDが多い

3種類のEDのうち、若者にもっとも関係のあるEDが心因性ED。
ストレスが原因となって勃起しなくなるEDのことを指します。
そのストレスの原因には個人差がありさまざまな要因が考えられますが、主に対人関係でのストレスが原因。

例えば家庭でのトラブル(夫婦仲が悪い、妊活によるプレッシャーなど)や仕事でのトラブル(職場の人間関係や就労環境など)が関係あることが多いです。

そういった原因を取り除くことができればEDは解決するかと思いますが、人間関係のトラブルは自分だけの問題ではないのでなかなかすぐに排除できませんよね。

EDは治療薬で治せる

EDは、治療薬を使えば簡単に治すことができます。
しかも、ED治療薬を個人輸入という方法で手に入れれば誰にもバレずに格安での治療が可能!
個人輸入はその名の通り海外から薬を個人で輸入することなのですが、もちろん国も認めている合法のものなので安心してくださいね。

ED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類がありますが、効果が同じにも関わらず値段の安いジェネリック医薬品がそれぞれにあります。

カマグラゴールド、シアスマ、タダライズなどたくさんの種類があるので自分に合ったものをチョイスできるのも個人輸入のいいところ!

色々試してみてくださいね。